* admin ** NewEntry *
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

パパっとやって、終りっ

長めの記事。記事書くのに一時間かかった訴訟(きそ)。全部読んで、どうぞ

SID矢澤にこ買いました。絵はくっそかわいいけど、文章がSS以下で萎える。これもうわけわかんねぇな。内容は素晴しいですね、よりにこにーの事が好きになりました。ぜひにこにーにはアイドルになってほしい。にこにーの夢を逆手にとって誘拐する同人誌は止めて差し上げろ(マジギレ)。30分で、5万。
ちょっと悲しくなるけど、自分の夢を堂々と他人に喋れるにこにーはすごいし羨ましい。私の場合まだ自分に自信が無いからつい誤魔化してしまう。自分の絵に自信が無いんだね。かなC





デッサンやドローイングやるにしても、基礎の基礎は解剖学的知識だから、そこ昔から何度も言われてるから。ハッキリわかんだね。あと自分に合う柔らかい鉛筆で、線を紙に押し付けるよりも、文字通り「引いて」描いていけばいいってルーミスが言ってた。
DSC_2092.jpgDSC_2093.jpg
手の描き方についての本を買ったので、模写しつつ自分の手をみながら観察する。
他人の絵を模写するのは一人歩きするための松葉杖のようなものだ、ってA・ルーミスさんも言ってた。
英文意味分かんないから、描いてある絵をただスケブに描いていくだけ。

DSC_2094.jpgDSC_2095.jpg
骨描いて、筋肉を付けていく作業をすると、より理解が深まっていいかんじになる。こういう勉強をしないと私は絵が描けないらしい。バカばっか
心なしか線がすっきりとしてきて嬉しい。





暖かくなってきましたね。今日もいい天気
自転車でサイクリングするにはもってこいの季節にだんだんと近づいているので、そろそろ自転車の整備したいですね。
座ってる時間が長いので腰を痛めそうで怖いから鍛えていきたい。

続きで自衛隊へ生活体験入隊したときのこと長々と書くから、見ろよ見ろよ



申し訳ないほどの艦これ要素。



入隊式で単純明快に話を済ませた隊長好き。牟田口は悔い改めて


DSC_2096.jpg
不動の姿勢(気をつけ)の際の手の形について。真っ直ぐ足に付けて伸ばすのでも、ただ握りこぶしにするのでもなく、親指を外で握りながら、少し前に突き出すように真っ直ぐのばす。こうすることで、服のシワが伸びて前から見たとき見栄えがいいのだとか。これからの生活で気をつけをするときは、この手の形を意識すれば無難なのかな






3月の1,2日と一泊二日で、自衛隊の生活体験入隊に言ってきました。地元の青年会の企画についていった感じです。行きたいと思った理由は、友人と「面白そうだね」となったからです。
どんなこと体験できんのかなーと半分めんどくさく半分楽しみでした。参加人数は全体で20人ほど。一行が駐屯地に着くと、全身を戦闘服に着替えさせられ、軽く行軍について教育され入隊式が行われました。入隊式で、隊員の方々が声を張り上げて指示を出すのを目の当たりにして、ああここはもう日本じゃないんだな、って思いました。
生活体験入隊だから、さてどんなことをするのだろうかと不安でしたが、全体を通して感じたのが、優しいな、ということです。ちょっとした空き時間にLINEしてる女性隊員もいましたし、まぁなんかあまり疲れませんでしたね。ただ行進やら敬礼やら声だしの基本を緩く教育してもらえました。
とても充実した休日を過ごせました。三食美味しく食べれるなら自衛官最高じゃないのか、って思ったら、永久職になるための試験があるらしくそれに受からないと止めるか再試験か、ってなるらしく、そう考えるとなかなか厳しい世界ですね。
印象に残っていることは「自衛隊は普段何をしているのですか」という問いに対しての隊長が言っていた言葉です。生活体験入隊を通して、駐屯地での隊員の過ごし方について聞くと、やはり自分を鍛えることが多いとのことでした。毎日毎日そればっかりしていた、じゃあ何をしているのか。隊長は「備えているのだ」と単純明快に言いました。先の大雪でも、きちんと備えをしている人は2週間山の上で孤立しても備えているから大丈夫だといい、備えていない人はあのざまだと。自衛隊といってもやはり軍隊であり、この緊張した日本情勢から私たちを護ってくれる方達が雪道でスタックしてるようじゃ話しになりませんよね。普段から備えているからこその自身と誇りをこの生活体験入隊で実感しました。
戦闘食がめちゃうまだった






DSC_2085.jpgDSC_2086.jpg
この袋には、白米・カレー・チャーハンと発熱剤が入っている。発熱剤とカレーたちを袋に入れて水を注いであったまるまでまつと、暖かいご飯がすぐに食べれる。この発熱剤は最近できたばかりらしく、水を入れるとものの数秒で蒸発する。廊下に立てかけるまでの数秒で熱い蒸気が出てきて、持ち運ぶのに苦労した。

DSC_2088.jpgDSC_2087.jpg
レーションのカレーとチャーハン。私が普段食ってるレトルトのカレーよりも美味しい。何より肉がしっかりと入ってる。

DSC_2084.jpgDSC_2083.jpg
一晩したテント。友人とともに、「暖かい」と感心した。隊員のかたがテントに泊まるときには、もちろん雑魚ねのようで、こんな豪華なテントに泊まれる機会はなかなかないらしい。いい経験をさせていただきました。ベットは硬かったけど、乙ってことで。

DSC_2082.jpgDSC_2074.jpg
74式戦車。前に駐屯地で乗せてもらう機械があったが、今回のように間近で見たり触ったりする機会は無かった。
つよい(確信) 対戦車部隊の方々はこんなのを相手にしなきゃならないのか(絶望)
BF4の戦車もうちょっと硬くしてもらえませんかね?

DSC_2078.jpg
輸送ヘリの中。なかなかの広さ。

DSC_2065.jpg
戦車の弾の1/1。20キロ以上あったと思う。重い
秋山殿すごい。ガルパンの女子高生みんなすごい。


生活体験入隊を通して、団体行動を身につけられた。私一人だけ声出さなくても他の人がやってくれるだろう、という考えではなく、みんなで声を出すんだと。最初は気恥ずかしさもあったけど、みんなで声を出していくと慣れていった。自衛隊は人を育てる組織だと身を以って体験できた。サークルの女子どもを全員ここへぶち込みたい。






DSC_2091.jpg
私の参考資料達。ウォッチメン面白いから見て(ステマ)
「絵の参考書は多ければいいってもんじゃない(ドヤァ」なんて人がたまにいるが、そんな便所のラクガキに書いてあることを真に受ける必要はないと思う。例の如く萌え絵(笑)まとめサイトに書いてあることも。あとはさいきんカスネムbotも流行ってるね。なんなのかなあれは、なにかこじらせてるとしか思えん。
参考資料の量で言うなら、私の場合資金が限られてるから必要最低限の物しか買えない。デッサンだったり動物だったり風景だったり。お金があるなら、表紙がきれいな本をバンバン買いたい。

オススメはDover社の本。日本の出版社のように流行に流されるような本にはありえないほどの、堅実に絵の勉強をできる本ばかり揃えてる。私でも描けるのだから、誰にでも描けるだろう。表現は面白い。

何度も言いますが日本人の参考書は糞。それを薦める人も同罪。

スポンサーサイト

2014-03-04 : ラクガキ : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
その調子でSID全巻買って、どうぞ
漫画やスクフェスもおすすめやで~(ステマ)
2014-03-04 19:52 : うみえり推し URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QRコード

プロフィール

SaaB -さーぶ-

Author:SaaB -さーぶ-


□■□■
■□■□ 


Tumblr
Animation Drawing




pixiv

http://www.pixiv.net/member.php?id=473212

Twitter

FC2カウンター

P-Clip


P-Clip β版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。