* admin ** NewEntry *
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています

迫真空手部~引越しの裏技~

引越しの見積もりで、
サ○イ引越しだと群馬から東京なのに16万かかるとかぬかしやがって、ヤ○ト運輸さんに見積もりお願いしたら単身引越しサービスなるものを紹介されて、7万程の見積もりで引越しができるとのこと。実際に当日来て見積もりをしたら提示された金額とピッタリでした。有能。
見積もりできるサイトで見積もりお願いしたら、いろんなところから電話かかってきて、それをいちいち断るのが最高にめんどくさかったです。赤帽とかで見積もりいらいすると、その後すっごくしつこく営業の電話が夜遅くでもかかってくるのでめんどくさいです。素直にヤ○ト運輸に頼むのが安牌です。物とかは何も壊れてませんでしたね、私のときは。



DSC_0388.jpg
引っ越す前の部屋。手前のソファーを持っていこうとしたけれど、これだけ運ぶだけで16,000円かかるみたいだったので捨てました(英断)

DSC_0625.jpg
引越し直前。
ここでいよいよ引っ越すのだと実感が湧きました。あ、やっと…学生生活が終わったんやな…
何もない部屋は異様に広く感じるんですね。

DSC_0638.jpg
で、東京に引越し。

DSC_0643.jpg
(座るところ)ないです
荷物がありすぎて、引っ越す前にもっと処分すればよかったなんて思ったけれど後の祭りでした。まぁ(ロフトにクローゼットあるし)多少はね?
ソファーは入りませんでしたね…持ってこなくてよかったです。



その後はちゃんと整理して、いよいよ部屋っぽくなりました。

いやー、引越しが終わるといよいよ新生活が始まるんだと実感が湧きますね。ワクワクしますが不安でいっぱいです。これからどうなるんですかね、自分。

これからのことはとりあえず置いといて、
私が小学校の頃は「東京」って聞くととても遠く感じました。私には縁がないだろうと思っていたし行きたいとも思いませんでした。歳を生意気にも重ねていくと、東京というのに段々と憧れを惹かれるようになりいつか私も東京で何かをして暮らして生きたいと思うようになりました。何か、というのがまさかアニメーターなんて当時の私に言ったら夢にも思わないでしょうね。申し訳ないが闇を語るのはNG

私の兄も東京で何かして働いてるので、他のみんなよりも多少東京が身近に感じたってのもあって、私も仕事するために東京に来たわけです。私以外には誰か東京に来てるってのを、小中とクラスになったやつらで知ってるのは1人しかいないんですね。しかもその1人ってのが、なかなか付き合いが信じられない位長くて私自身なんでこんなに馬が合うのか不思議でたまりませんね。
そいういうやつが近くにいると、私に「何か」あったときにとても心強いですよね。

こういう分水嶺を迎えるごとに前へと進んでるんだなって実感します。
早く仕事できるようになりたいです。
スポンサーサイト
2015-03-25 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QRコード

プロフィール

SaaB -さーぶ-

Author:SaaB -さーぶ-


□■□■
■□■□ 


Tumblr
Animation Drawing




pixiv

http://www.pixiv.net/member.php?id=473212

Twitter

FC2カウンター

P-Clip


P-Clip β版